肘を上げない。肘を上げるから親指に力が入るようだ。肘より手のほうが高く、と意識するように。本当は手と肘は同じ高さになるが、肘を上げるが正しいと体で覚えてしまっているので手のほうが高いと思って弾くと多分同じ高さになる。弓を動かす時に手で動かそうとしているので、上腕で動かす。肘が上がるから親指に力が入る。親指の力を抜こうと思っても無理だから、気を付けるの肘。
右手の先端を使おうとすると無理があるから。先端は先端で本来やるべきことがある、先端は微調整をやりたい。なので手で動かさない。上腕で浮気調査を動かす。
力が入ったなと思ったら肘を下げる。

最後のE線2オクターブ上のフラジオ、手が楽器に乗っちゃう感じ。親指は横に来る。小指は押さえすぎ。指の先で触るだけ。右手も傾けてスーッと。弦の距離が短くなるので横滑りすると鳴らない。左手の重さは弦に乗せないで楽器に乗せて弦に触るだけ。